薄型マットレスを選ぶときに注意するポイント

サムネイル

マットレスには厚手のものから薄手のものまで、さまざまな種類があります。その中でもコンパクトな薄型マットレスは、軽くて収納もしやすいため、使っているという方も多いでしょう。しかし、薄型マットレスは体格にあった厚さのものを選ばないと、逆に体への負担がかかってしまうといった問題があるのです。そこで今回は、薄型マットレスを選ぶときに注意するポイントを紹介します。

 

薄型マットレスの厚さと体重の関係

いわゆる薄型マットレスと呼ばれるものは、厚さ5cm~10cm程度のマットレスになります。

5cm、7cm、10cmのマットレスがどんな方に適しているのか紹介しますので、参考にしてみてください。

 

厚さ5cmのマットレス

厚さが5cmのマットレスは、かなり薄い部類に入ります。体重でいえば20kg程度までが限界なため、大人用というよりは小さな子ども用だと思っておいた方がよいでしょう。もし、大人が利用する場合には、仮眠用など限定的な使い方に留めるべきです。

 

厚さ7cmのマットレス

厚さ7cm程度のマットレスになってくると、ほぼ敷布団のような感覚になってきます。体重40kg程度までの女性には最適なサイズになりますが、男性にはちょっと厳しいかもしれません。また、3つ折りタイプのマットレスには、7cm程度の厚さが多い傾向にあります。そのため、来客用のマットレスとして使われる場合も多いです。

 

厚さ10cmのマットレス

厚さが10cmもあれば、体重70kg程度の男性でも十分眠れるサイズといえるでしょう。とはいえ、普通のマットレスに比べれば十分コンパクトな厚さといえますので、収納面などの使い勝手も非常に便利です。

 

薄型マットレスを選ぶときの注意点

取り扱いが簡単という薄型マットレスのメリットを活かすためにも、購入時には以下の点に気を付けましょう。

 

素材は高反発またはエアーがおすすめ

いくら薄型といっても、スプリングなど重いマットレスは、扱いやすさという点においてあまりおすすめできません。やはり、薄型マットレスの場合は、できるだけ軽い素材のものを選ぶべきでしょう。中でもおすすめなのが、高反発ウレタンやエアー(空気)の素材になります。この2つであれば、軽いだけでなく寝心地という面においても十分満足できるクオリティーのマットレスが多いからです。

なお、参考までに厚さ10cmにおける素材ごとのマットレスの重量を以下に記しますので、購入時の参考にしてみてください。

 

・エアー:3kg

・高反発ウレタン:8 kg

・高反発ファイバー:13 kg

・低反発ウレタン:14 kg

・スプリング:14 kg

・ラテックス:15 kg

 

収納しやすいタイプがおすすめ

薄型マットレスの中でおすすめなのが、折りたたみや巻けるタイプのものです。収納するのに便利なので、可能であればこれらのタイプから選ぶとよいでしょう。なお、折りたたみタイプであれば、3つ折りのものがおすすめです。いっぽう、高反発ウレタン素材の場合、5cm以下の厚さのものであれば、巻けるものが多くなりますので覚えておきましょう。

 

おすすめ薄型マットレス

最後に、おすすめ薄型マットレスとして「オクタスプリング」を紹介します。

 

オクタスプリングの特徴

オクタスプリングは、高反発マットレスと低反発マットレスの特徴を併せ持つ「ハイブリッド反発」マットレスです。オクタスプリングは、縦、横、ななめの動きに対応できる「ハニカム構造」と呼ばれるハチの巣型ウレタンスプリングを採用しています。そのため、体の形状に合わせてフィットして、腰や背中をしっかりサポートできるのです。また、スプリングの硬さを5段階に配置した「5ボディゾーンシステム」で、首、肩、腰にかかる負荷を大幅に軽減できますので、快適な睡眠にあなたを誘うことでしょう。

なお、オクタスプリングのサイズは、以下のようになっています。

 

・シングル:7cm × 97cm × 193cm

・セミダブル:7cm × 120cm × 193cm

・ダブル:7cm× 140cm × 193cm

 

厚さは一律7cmということで、薄型マットレスの部類に入ります。

いっぽう、重さに関しては、

 

・シングル:約5.3kg

・セミダブル:約5.9kg

・ダブル:約6.7kg

 

ということでダブルでも扱いやすい重さになっている点が特徴です。

 

オクタスプリングの硬さ

マットレスの硬さを表す単位は、「N(ニュートン)」と呼ばれる単位が一般的に用いられます。なお、一般的なマットレスの硬さは、60N~100Nです。60Nより低い場合は「柔らかめ」、60N~100Nの場合は「普通」、100Nより高い場合には「硬め」のマットレスとされています。

なお、オクタスプリングは5層構造になっており、部位ごとにニュートンの値が異なる点が最大の特徴です。

 

・頭:46N(柔らかめ)

・背中:26N(柔らかめ)

・腰 お尻:69N(普通)

・太もも ふくらはぎ:26N(柔らかめ)

・踵:46N(柔らかめ)

 

オクタスプリングは体の部位ごとに最適な硬さになるように調整されています。そのため、体圧が適度に分散され、薄手のマットレスでありながらも、非常に快適な寝心地のマットレスといえるのです。

 

一人暮らしの方にも薄手マットレスはおすすめ

今回は、薄型マットレスを選ぶときの注意点を紹介しました。コンパクトで収納に便利な薄型のマットレスは、一人暮らしでワンルームなどに住む方にも非常におすすめです。また、薄型でも寝心地を妥協したくないという方は、オクタスプリングのような高性能なマットレスをみつけて購入しましょう。