硬めのマットレスがおすすめな人と選び方

サムネイル

毎日使うマットレスは、睡眠の質を大きく左右するものなので、できるだけ自分に合ったものを選びたいところでしょう。マットレスには大きく分けて硬めと柔らかめがあります。それぞれのマットレスは、向いている人が異なります。したがって、マットレスを選ぶ際には、まず自分がどちらのタイプにマッチしているのかを見定める必要があるのです。しかし、「どちらのマットレスが最適か?」といわれても、適切に判断できる方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、硬めのマットレスがおすすめの人と選び方について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

硬めのマットレスに向いている人

まず、硬めのマットレスが向いている人の特徴としては、以下のような傾向が挙げられます。

 

・柔らかい寝心地が苦手(硬い寝心地の方が好み)

・肉付きのよい体型の方

・筋肉量が多い方

・ベッドの揺れが気になる方

・腰痛持ちの方

・寝起きの際スッキリしない方

 

もし、上記項目がいくつか当てはまる場合は、まず硬めのマットレスに焦点を絞って探していくのがよいでしょう。また、これまで畳の上に布団を敷いて寝ていた方など、寝具環境が硬めだった場合も、硬めのマットレスを中心に選んでいくのがおすすめです。

 

硬すぎるマットレスはNG

硬いマットレスといっても、硬すぎるものはNGです。そこで、硬すぎるマットレスで眠ると、どんなデメリットがあるのか確認しておきましょう。

 

体圧分散性が悪く腰に負担が集中する

硬すぎるマットレスで眠ると、腰など体の重い部位に一晩中、体圧(体の重み)が集中してしまいます。その結果、腰を痛め、腰痛の原因になる可能性が高いでしょう。したがって、睡眠時に適度な体圧分散ができる硬さのマットレスを選ぶ必要があるのです。

 

寝たときの姿勢が歪みやすい

硬すぎるマットレスでは、背骨のS字カーブをキープして寝ることが困難になります。そのため、睡眠時の姿勢が歪みやすくなり正しい姿勢で眠れなくなるため、朝起きると体が痛くなったり、姿勢が悪くなったりするといったデメリットが発生します。

 

マットレスの硬さを確認する方法

次に、マットレスの硬さをチェックする方法を紹介します。

 

腰とマットレスのスキマを確認

まず、マットレスに寝転び、腰の下に手を入れてみましょう。このとき、腰とマットレスの間にスキマができていないか確認します。もし、背筋の下にスキマがある場合は、マットレスが少し硬すぎるという認識が必要です。この方法で、マットレスの硬さと体圧分散性の程度を知ることができます。

前述した通り、マットレスと腰の間にスキマがあると、腰が宙に浮き、サポートがない状態になります。それにより、体圧分散性が悪くなり腰椎が歪みやすくなるのです。また、寝たときの姿勢も歪みがちになるため、腰への負担も増加します。こうした理由が重なり、腰痛の原因になっていくのです。

 

寝返りしやすいか確認

寝返りがしやすいマットレスかどうか、確認することも重要なポイントです。たとえば、反発弾性の乏しい硬めのマットレスの場合、寝返りがしづらくなるケースがあり、寝転がった際、楽に寝返りがうてるかどうかについても確認しておく必要があります。

そもそも「寝返り」とは、睡眠中の姿勢を無意識に調整しようとする生理現象です。人は寝返りをうつことで体圧分散を図ったり、寝具のムレを解消したりすることにくわえ、寝たときの姿勢が原因となる体の歪みを整えています。よって、睡眠の質を上げるためには、寝返りがうちやすいマットレスを選ぶことが重要なのです。

 

おすすめマットレス『オクタスプリング』

最後に、適度な硬さのおすすめマットレスとして、「オクタスプリング」を紹介します。

 

オクタスプリングとは

オクタスプリングは、高反発マットレスと低反発マットレスの特徴を併せ持つ「ハイブリッド反発」マットレスになります。睡眠の質を上げ、リラックスした状態で眠りたい方におすすめのマットレスです。

オクタスプリングは、縦、横、ななめの動きに対応できる「ハニカム構造」と呼ばれるハチの巣型ウレタンスプリングを採用しています。そのため、体の形状に合わせてフィットして、腰や背中をしっかりサポートすることが可能です。また、スプリングの硬さを5段階に配置した「5ボディゾーンシステム」により、首、肩、腰にかかる負荷を大幅に軽減してくれますので、快適に眠ることができます。

 

オクタスプリングの硬さは

マットレスの硬さを表す単位としては、「N(ニュートン)」と呼ばれる単位が用いられるのが一般的です。たとえば、一般的なマットレスの硬さは、60N~100Nといわれています。したがって、60Nより低い場合は「柔らかめ」、60N~100Nの場合は「普通」、100Nより高い場合には「硬め」のマットレスだと思っておけばよいでしょう。

なお、オクタスプリングは5層構造になっており、部位ごとにニュートンの値が異なる点が特徴です。

 

・頭:46N(柔らかめ)

・背中:26N(柔らかめ)

・腰 お尻:69N(普通)

・太もも ふくらはぎ:26N(柔らかめ)

・踵:46N(柔らかめ)

 

このようにオクタスプリングでは、体の部位ごとに最適な硬さになるように調整されていますので、体圧が適度に分散され、快適な寝心地のマットレスになっています。

 

適度な硬さのマットレスで快適な眠りを

今回は、硬めのマットレスがおすすめの人と選び方について紹介しました。いくら硬めのマットレスが好きだといっても、適度な硬さのものにしておく必要があることが分かっていただけたかと思います。今回紹介したチェック方法などを参考に、ご自分にとって最適な硬さのマットレスをみつけてみてください。