マットレスの硬さによる影響とは?硬めと柔らかめを比較

サムネイル

毎日使うマットレスには、いろいろな硬さのものがあります。大きく分けて硬め派と柔らかめ派がいると思いますが、そもそもどんな違いがあり、寝心地には違いはあるのでしょうか。そこで今回は、硬めのマットレスと柔らかめのマットレスを比較し、硬さによってどんな影響があるのか解説します。

 

硬めのマットレスと柔らかめのマットレスの比較

まずは、硬めのマットレスと柔らかめのマットレスについて、それぞれの特徴を比較してみましょう。

 

硬めのマットレス

適度な硬さのマットレスには、正しい寝姿勢を保てるというメリットがあります。また、体の一点に体重が集中しないため、体圧分散性に優れている点もメリットです。さらに、適度な弾性により体をサポートしてくれることで、寝返りがうちやすいという特徴もあります。

 

柔らかめのマットレス

柔らかめのマットレス最大の特徴は、とにかく寝心地がよいことです。ふわふわした気持ち良い寝心地が好きな方は、柔らかめのマットレスを選ぶとよいでしょう。また、柔らかめのマットレスは体重で体が沈み込むため、体圧もきちんと分散される効果があります。ただし、寝たときに正しい姿勢がキープできなくなる場合もあるため注意が必要です。

 

適度の硬さのマットレスとは

硬めのマットレスでも柔らかめのマットレスでも、やはり硬過ぎたり柔らか過ぎたりするものはNGです。そのため、ご自分の体格や好みなどに合った、適度の硬さのマットレスで眠ることが重要になります。では、適度の硬さのマットレスとは、どのようなマットレスなのでしょう。

まず、適度な硬さのマットレスかどうか見分ける方法としては、横になったときマットレスと腰の間に隙間がなく、適度に埋まる状態になっているか確認します。隙間が空いている場合は、寝たときに腰に負担がかかり腰痛の原因になる可能性がありますので、あなたにとって適度な硬さのマットレスとはいえません。

また、柔らかめのマットレスの場合には、腰がマットレスに沈み過ぎていないかチェックすることも重要です。マットレスに腰が沈み込み過ぎると、正しい寝姿勢がキープできないため腰に負担がかかります。

そして、寝返りがうちやすいかどうかも、大切なポイントです。寝返りは睡眠中に人が無意識に行う動作で、体重を一か所に集中させないように行う生理現象になります。そのため、寝返りは睡眠中に、適度な頻度で実施する必要があるのです。しかし、寝返りがうちづらいマットレスで寝ると、寝返りの回数が減り、体圧が分散されず腰などに負担がかかってしまいます。

 

マットレスの種類

硬めと柔らかめ、具体的にどんなマットレスがあるのか紹介します。

 

ボンネルコイル・マットレス

ボンネコイルとは、らせん状のコイルスプリングのことです。ボンネコイル・マットレスは、複数のコイルスプリングを連結させたマットレスになります。適度な硬さと強い弾力が特徴で、睡眠時の体を面でしっかり支えられる点がメリットです。特に、硬い寝心地が好きな方におすすめしたいマットレスといえるでしょう。

 

ポケットコイル・マットレス

ポケットコイルとは、コイルスプリングを一つずつ小さな袋(ポケット)に入れ、マットレスの中に敷き詰めたものです。ポケットコイル・マットレスは、睡眠時の体を点で支えます。そのため、体圧を効率よく分散できる点がメリットです。また、適度なフィット感もあるため、寝心地がよいという特徴もあります。

 

高反発マットレス

高反発マットレスは、体圧を分散して正しい寝姿勢をサポートしてくれることに加え、適度な硬さが寝返りをサポートしてくれる点が特徴です。

 

低反発マットレス

低反発マットレスとは、重みや温度などに反応し、ゆっくりと体が沈むタイプのマットレスです。低反発マットレス最大の特徴は、その包み込まれるような寝心地といえるでしょう。また、体を圧迫しないので寝返りの回数も少なくなり、睡眠の質が安定する点もメリットです。

 

適度な硬さのマットレスを探している方におすすめの「オクタスプリング」

最後に、適度な硬さのおすすめマットレスとして、「オクタスプリング」を紹介します。

 

オクタスプリングとは

オクタスプリングは、高反発マットレスと低反発マットレスの特徴を併せ持つ「ハイブリッド反発」マットレスです。オクタスプリングは、縦、横、ななめの動きに対応できる「ハニカム構造」と呼ばれるハチの巣型ウレタンスプリングを採用しています。そのため、体の形状に合わせてフィットして、腰や背中をしっかりサポートできるのです。また、スプリングの硬さを5段階に配置した「5ボディゾーンシステム」で、首、肩、腰にかかる負荷を大幅に軽減できますので、快適な睡眠にあなたを誘うことでしょう。

 

オクタスプリングの硬さは

マットレスの硬さを表す単位は、「N(ニュートン)」と呼ばれる単位が一般的に用いられます。なお、一般的なマットレスの硬さは、60N~100Nです。60Nより低い場合は「柔らかめ」、60N~100Nの場合は「普通」、100Nより高い場合には「硬め」のマットレスとされています。

 

なお、オクタスプリングは5層構造になっており、部位ごとにニュートンの値が異なる点が最大の特徴です。

 

・頭:46N(柔らかめ)

・背中:26N(柔らかめ)

・腰 お尻:69N(普通)

・太もも ふくらはぎ:26N(柔らかめ)

・踵:46N(柔らかめ)

 

オクタスプリングは体の部位ごとに最適な硬さになるように調整されています。そのため、体圧が適度に分散され、快適な寝心地のマットレスといえるのです。

 

実際に寝て試してみることが大切

今回は、硬めのマットレスと柔らかめのマットレスを比較し、硬さによってどんな影響があるのか解説しました。とはいえ、ご自分がどちらのマットレスに適しているのか分からない方が大半だと思われます。そのため、今回紹介した内容を参考に、実際にいろいろなマットレスに寝てみることで、チェックするほかありません。ぜひ、ご自分にピッタリなマットレスを見つけ、睡眠の質を上げてもらえれば幸いです。