高反発マットレスは腰痛持ちにおすすめ!?

サムネイル

腰痛に悩まれる方の中には、朝起きたときから腰が痛いというケースも多いものです。そのような方は、もしかしたら今使っているマットレスに原因があるかもしれません。そんな中「高反発マットレスが腰痛に効く」という噂を聞いたことがないでしょうか。そこで今回は、その真偽を確かめるべく、高反発マットレスと腰痛の関係性について掘り下げてみたいと思います。

 

高反発マットレスで腰痛は改善されるのか

まず、高反発マットレスは、なぜ腰痛持ちの方におすすめされるのか、その理由を説明します。

 

適度な硬さで腰に負担がかかりにくい

そもそも高反発マットレスは、睡眠の質を高めたり、腰痛を改善したりするために開発されたマットレスになります。高反発マットレスは、腰に負担がかかりにくい適度な硬さが特徴です。柔らかすぎるマットレスでは寝返りが打ちづらくなりますし、硬すぎるマットレスの場合は逆に寝返りの回数が増えて疲れてしまうというデメリットがあります。そのため、正しい姿勢で眠るためには、適度な硬さのマットレスを使用する必要があるのです。ただし、高反発マットレスで眠ることで、完全に腰痛が治るというものではありません。

 

寝返りが打ちやすい

近年の腰痛に関する研究において、腰痛持ちの方は睡眠中の寝返りの回数が少ない傾向にあることが分かっています。つまり、睡眠中にずっと同じ姿勢でいると、腰痛になりやすいということです。そのため、睡眠中に適度に寝返りが打てることが、非常に大切になります。高反発マットレスは、高い反発力で寝返りをサポートしてくれるため、寝返りが打ちやすいというメリットがあります。さらに、体圧分散性や通気性にも優れていますので、サラッとした快適な寝心地が得られるというメリットもあるのです。

 

高反発マットレスで腰痛にならないための注意点

前述した通り、高反発マットレスといっても腰痛に万能ではないため、選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

 

硬すぎないこと

高反発マットレスの中には、硬すぎて寝心地がよくないものもあります。特に、安価なものを選ぶと、そのような傾向が強くなるため注意が必要です。硬すぎる高反発マットレスで眠ると、腰に体重が集中して腰痛の原因になる可能性が高くなります。また、背中にも大きな負担がかかるため、朝目覚めたときに背中や腰に痛みを感じることもあるでしょう。さらに、ひどい場合には、夜中に背中や腰が痛くなり眠れなくなるケースもあります。ですので、高反発マットレスを選ぶ際には、寝転んだときに体に隙間なくフィットする適度な硬さのものを選ぶようにしましょう。

 

丈夫であること

低価格な高反発マットレスの中には、すぐに劣化してしまうものもあります。そうなると、マットレスの中央が陥没して、腰に大きな負担がかかる可能性が高いでしょう。よって、購入したばかりのときは適度な硬さで寝心地がよいものでも、時間が経って劣化することで柔らかすぎるマットレスになってしまうケースがあるのです。そのため、高反発マットレスを購入する際には、マットレスの耐用年数にも注目する必要があります。特に、長期間の利用を想定している場合には、ある程度の価格帯のものを購入しておいたほうが無難でしょう。

 

薄すぎないこと

高反発マットレスといっても、さまざまな厚さの商品があります。そのため、薄すぎるものを選んでしまうと、寝ているときにマットレスの下にあるベッドの天板やフローリングなどに背中が当たってしまい、腰痛の原因になる可能性があるのです。そのため、マットレスを利用する方の体重や、マットレスを置く場所を考慮した上で、適度な厚さのものを選ぶようにしましょう。

 

腰痛持ちの方におすすめのオクタスプリング

最後に、腰痛持ちの方におすすめのマットレスということで、「オクタスプリング」を紹介します。

 

オクタスプリングは、高反発マットレスだけでなく低反発マットレスの特徴も併せ持つ「ハイブリッド反発」のマットレスです。睡眠の質を上げて、リラックスした状態で眠りたい方にピッタリのマットレスといえます。オクタスプリングは、縦、横、ななめの動きに対応できる「ハニカム構造」と呼ばれるハチの巣型のウレタンスプリングを採用しており、体の形状に合わせてフィットするため、腰や背中をしっかりサポートすることが可能です。また、スプリングの硬さを5段階に配置した「5ボディゾーンシステム」により、首、肩、腰にかかる負荷を大幅に軽減してくれるため、快適に眠ることができます。

 

腰痛の原因もさまざま

今回は、高反発マットレスと腰痛の関係性について掘り下げてみました。自分に合った硬さや厚さのマットレスを選ぶことが、腰痛予防につながる可能性が高いことが分かってもらえたと思います。しかし、腰痛の原因がマットレスによるものでなく、ヘルニアなど別の原因によるものだった場合には、どんなマットレスを使っても根本解決にはつながりません。そのため、ご自分の腰痛の原因が何なのかという点を明確にしておくことが、先決といえるでしょう。