マットレスの厚さは目的と用途で選ぼう

サムネイル

マットレスと一口に言っても、薄いものから厚いものまで種類はさまざまです。かといって、どの厚みのマットレスを選べばいいのか、わからないですよね。

実は、マットレスの厚さは、目的と用途を考えることで選びやすくなるのです。

本記事では、マットレスの厚さを詳しく説明し、目的や用途からどのようなマットレスを選べばいいのかについてご紹介していきます。

 

マットレスの厚みは7段階ある

マットレスの厚みは、一般的には7段階程度あるといわれています。厚さが異なると使い方も異なります。

それでは、マットレスにはどのような厚さの種類があるのか見ていきましょう。

 

1.厚み3cmのマットレス

厚み3cmのマットレスは床に敷いて寝るには薄すぎるため、主に体圧分散性をアップするためのマットレストッパーとしての役割を担います。マットレストッパーとは、持っている寝具の上に重ねることで、より寝心地の良さを向上させるためのものです。

厚み3cmは、マットレスの上に厚みのある敷きパッドを乗せたのと同じくらいの寝心地です。

2.厚み5cmのマットレス

厚み5cmのマットレスは、床に敷いて寝るにはギリギリの厚さだといえます。こちらも主に体圧分散性の効果をアップするためのマットレストッパーとして使用することがほとんどです。

1枚で使うのはあまりおすすめしませんが、コンパクトなので、中には仮眠用として利用する人もいます。

3.厚み8cmのマットレス

厚み8cmのマットレスは、単体で使うものとしてはかなり薄くコンパクトです。厚み8cmほどでようやく、床に敷いて底付き感なく寝られるようになります。敷布団のようにして使うことが多い厚みです。

高反発のマットレスは、マットレスとしての利用が想定されている場合が多いようです。対して、低反発タイプはマットレストッパーとしての用途を考えられているため、8cmの厚み1枚では底に付いていると感じることがあります。

小学生程度の体重であれば、厚み8cmのマットレスで十分です。

4.厚み11cmのマットレス

厚み11cmのマットレスは、床に敷いて使うこともベッドフレームの上に乗せて使うこともできる程度の厚さです。

ウレタンマットレスであれば、厚み11cmが平均的な厚さだといえるでしょう。三つ折りに折りたためるものが多く、押入れへの収納を考えている場合は、厚み11cmのマットレスが適しています。

5.厚み15cm以上のマットレス

ウレタンマットレスだと、15cm以上あれば十分厚いといえます。対して、ポケットコイルやボンネルコイルタイプのスプリングマットレスは、厚み15cmが最低ラインです。

厚さが15cmあると、底付き感はほとんどなくマットレスのヘタりも少ないです。

6.厚み25cm以上のマットレス

厚み25cmを超えるマットレスは、高級ベッドに使用されていることが多いものです。床に直敷きすることはほとんどなく、ベッドの上で使われます。

7.厚み35cm以上のマットレス

コイルスプリング製の高級マットレスの中には、厚みが35cmを超えるものもあります。

しかし、中には不必要に分厚く見せているだけのマットレスもあるので、見極めて購入することが重要です。

■薄いマットレスと厚いマットレスの違いとは

マットレスの厚さは7つに分類されることがわかりました。

では、薄いマットレスと厚いマットレスは、それぞれどのようなメリットとデメリットを持っているのでしょうか。

・薄いマットレスのメリット・デメリット

薄いマットレスのメリットは、手入れがしやすく収納ができること。一人でも軽々持てるので、出し入れを頻繁にする場合に適しています。また、手頃な価格で手に入れられることもメリットです。

対して、デメリットは薄いため耐久性がないことと、底付き感を得やすいことが挙げられます。マットレスが安い分へたりやすいので、コストパフォーマンス面を考えると低めです。

・厚いマットレスのメリット・デメリット

厚いマットレスのメリットは、弾力があるため寝心地が良いことと、耐久性があることが挙げられます。跳ね返しが強いので、仰向けに寝た時に体にかかる負担を分散してくれやすいこともメリットです。

対して、厚みがある分、一人で手入れをするのがむずかしいことがデメリットです。また、薄いマットレスに比べて価格帯が上がってしまうので、購入へのハードルが高いといえます。

マットレスの厚さは用途や目的で決める

マットレスを選ぶときに注目したいポイントは、「底付き感があるかどうか」です。寝ているときに底付きしたように感じてしまうと、熟睡できず質の良い睡眠から程遠くなってしまうのです。

そして、マットレスの用途を考えることで、適した厚みがわかってきます。ここからは、マットレスの用途を2つに分けて考えていきましょう。

・ベッドフレームや床に直敷きする場合

ベッドフレームの上に置いたりや床に直敷きするなど、マットレスを1枚で使う場合は、底付きを防止するためにある程度の厚みが必要です。

具体的には、厚みが8〜9cm以上あれば、単体で使っても底付き感がなく寝ることが可能です。

ただし、柔らかすぎるマットレスはいくら厚みがあってもヘタりが起こり、底付き感を得やすくなってしまいます。柔らかい寝心地がお好みの場合は、高反発マットレスの上に低反発タイプをマットレストッパーとして使用するのがおすすめです。

・マットレスの上に敷く場合

マットレスの上に敷く「マットレストッパー」として使うことを考えている場合は、厚みは薄いもので十分。厚さ3cmまたは5cmのマットレスを選ぶといいでしょう。

マットレストッパーを使うことで、より寝心地の良さを追求できます。

 

まとめ

マットレスには低反発・高反発という種類の違いだけでなく、さまざまな厚みの段階が存在します。ぜひ、マットレスの厚みの違いを理解したうえで、自分の使い道に合ったマットレスを選んでください。