折りたたみマットレスの特徴・失敗しない選び方

サムネイル

「折りたたみベッドの上でも使いやすいマットレスがほしい」「マットレスを収納したい」という人におすすめなのが、折りたたみマットレスです。

厚みや折り目の数などさまざまな種類があるので、特徴を踏まえて自分のほしいタイプのマットレスを見つけてくださいね。

今回は、どのような折りたたみマットレスがあるのかと選び方をご紹介します。

 

■折りたたみマットレスは5種類ある

折りたたみマットレスにもいくつか種類があります。では、あなたの生活に適したマットレスはどれにあたるのでしょうか。それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

・2つ折りマットレス

2つ折りマットレスは、折りたたみベッドの上で使いやすいというメリットがあります。折りたたみベッドと一緒に折れるので便利です。

一方で、コンパクトにたためるわけではないので、狭いところへの収納には適していません。また、折り目がちょうど真ん中にあり腰付近にあたることで、寝にくいと感じる可能性があるというデメリットがあります。

 

・3つ折りマットレス

3つ折りマットレスは収納しやすいところがメリットです。

また、折りたたむことでソファのように活用もできます。ただし、マットレスのため体が沈み込みやすく、好き嫌いは分かれる座り心地です。そして、背中と脚に折り目がくるのであまり寝心地に影響しないこともポイントです。

対して、折りたたみベッドの上では使いづらいというデメリットがあります。

 

・4つ折りマットレス(均一型)

均一型の4つ折りマットレスは、2つ折りと3つ折りマットレスの特徴を併せ持っています。均一なので、2つ折りと同じ中心に折り目があり、折りたたみベッドの上で使いやすいところが利点です。また、コンパクトにたたんで収納できるというメリットもあります。

対して、中心に折り目があるので、腰に当たって寝心地がよくないというマイナス面も、2つ折りマットレスと共通してあります。

 

・4つ折りマットレス(ソファ型)

ソファ型の4つ折りマットレスは、床置きできるソファとしても使えることを目的に折り目が決められているので、ソファとして使いやすいところがポイントです。

また、コンパクトにたたんで収納しやすいところもメリットであるといえるでしょう。

一方で、中央に折り目がきていないので折りたたみベッドでは使いづらいというデメリットもあります。

 

・5つ折りマットレス

5つ折りマットレスは他の折りたたみマットレスに比べてコンパクトにたためるので、狭いスペースに収納したいと考えている人にぴったりです。真ん中に折り目がなく、寝たときに違和感になりにくいです。

しかし、真ん中に折り目がないからこそ、折りたたみベッドでは使いにくさを感じるでしょう。

■折りたたみマットレスのメリット・デメリット

折りたたみマットレスは種類ごとにもメリット・デメリットがありますが、折りたたみマットレス全体としてもメリット・デメリットが存在します。

ここからは、広い意味でのプラス面とマイナス面を見ていきましょう。

 

●メリット

1つ目のメリットは、部屋を広く使えることです。折りたためるもの以外のベッドは動かしたりしまったりできませんが、マットレスを直置きして寝ている場合はたたんで収納できます。使わない間はしまっておくことで、部屋を広々使うことが可能です。

2つ目は通気性がいいことです。通常のマットレスは1度置いたらそのままにしてしまいがちですが、折りたたみマットレスは毎日折りたたんで片付けられます。そのため、湿気が溜まりにくい状態を保てます。

3つ目は掃除が楽なことです。たたんで簡単に移動させて掃除ができるので、マットレスの下にゴミが溜まることがありません。また、移動させやすいので模様替えも楽にできます。

 

●デメリット

デメリットは、寝心地があまりよくないことです。使い心地よりも収納のしやすさやコスト面を重視して作られているので、寝心地を求める人は折りたたみマットレスは適していないでしょう。

また、通常のマットレスに比べて耐久性が低いこともデメリットであるといえます。

 

■折りたたみマットレスは目的によって選ぶ

折りたたみマットレスは自分の使い方に最適なサイズを選ぶのはもちろんですが、目的によって厚みを選ぶことも大切です。

収納のしやすさを重視する場合は、マットレスの厚みは10cm以下を選ぶようにしましょう。

腰痛に悩んでいる人は、薄すぎると底付き感があり腰に負担がかかってしまうため、8cm以上のマットレスを選ぶことをおすすめします。

寝るときに敷布団を重ねる場合は8cm以下のマットレスがおすすめ。マットレスの上に敷布団を重ねると、柔らかすぎて腰が沈み込みすぎてしまう可能性があるので、8cm以上のマットレスであればそのまま寝る方が賢明です。

 

■快適な睡眠をサポートする3つ折りマットレスメッシュ・ウィング

折りたたみマットレスを探しているなら、「メッシュ・ウィング」がおすすめです。

「メッシュ・ウィング」は、高反発タイプで寝返りをうちやすいクッション性が魅力のひとつです。肌触りがよく、メッシュ素材なので蒸れにくいところもポイントです。また、持ち運びがしやすい3つ折りマットレスでとても便利です。

 

■まとめ

折りたたみマットレスと一口にいってもさまざまな種類があります。それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合ったマットレス探しをしましょう。